1. TOP
  2. 進学説明会の開催
  3. 2016年 女子高校生のための東京大学説明会

進学説明会の開催

女子高校生のための東京大学説明会2016

日時 平成28年9月18日(日) 11:00~16:00
会場 東京大学駒場キャンパス 講堂(900番教室)
事務局 大学情報センター

女子高校生のための東京大学説明会は、たくさんの方々にご参加いただき、好評のうちに終了致しました。遠方からもお越しいただき、個別相談ブースでは、受験生から東大生の普段の生活や受験勉強についての質問が多く投げかけられ、現役東大生と受験生の活気あるやり取りが見られました。また、受験生だけでなく、中学生、高校1、2年生、高校教諭、保護者の方も多数、ご参加いただきました。ありがとうございました。

  • 説明会風景
  • 説明会風景
  • 説明会風景
  • 説明会風景
  • 説明会風景
  • 説明会風景

◆大学説明会&個別相談

時間 講演会など
(講堂(900番教室))
個別相談会
(12号館)
10:00~11:00 "プレイベント"
在学生によるキャンパスツアー

(11:00~16:00)
教職員、在学学生(東大ガイダンス、オルガン同好会、biscUiT)等による
進学相談会

11:00~11:20 オルガン同好会による演奏会
11:20~11:30 "オープニング挨拶"
理事・副学長 南風原 朝和
11:30~12:15 "基調講演1"
「ザ理系女子のコンサルタント・妻・母としての今」
デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 横山 浩実
"基調講演2"
「科学としての心理学 ~ こころをどう測定するか?」
総合文化研究科 准教授 四本 裕子
12:15~13:30 休 憩
13:30~13:55 "教養教育"
学部1・2年次の教育について
総合文化研究科 教授 矢口 祐人
13:55~14:30 "入試説明"
東京大学入学試験と進学選択制度
本部入試課
14:30~15:15 "パネルディスカッション"
東大女子ライフって??
司会:史料編纂所 准教授 杉森 玲子
パネリスト:在学女子学生(4人)
15:15~15:20 エンディング挨拶
進学促進部会長 松本 武祝

▲ページトップへ

◆要望・今後企画してほしい事、感想等

(キャンパスツアーについて)年の近い同性の先輩に直接ご案内頂き、雲の上の存在だった東大生が身近に感じられ、子供の刺激になったと思います。

(キャンパスツアーについて)途中雨が降りだしたので、傘で説明の声が聞こえづらくなった部分はありましたが、明るい笑顔の素敵なキャンパスツアーで、良かったです。 ありがとうございました。

(基調講演を聞いて)高校、大学生活における有意義で前向きかつ効果的な思考方法について、実例を含めてお話していただきました。とても参考になりました。ありがとうござました。

(基調講演を聞いて)東大で学んだことや、生き方等々、とても具体的で、実体験に基づいた生の声を聞けました。受験生に限らず、心に染み入るキーワードをもら勇気づけられました。

(基調講演を聞いて)東大を出て活躍していらっしゃる女性に直接お話を聞ける機会は滅多にないことなので、とても為になりました。私も東大でしっかり学び、将来は日本を引っ張る女性になりたいという気持ちが一層強くなりました。ありがとうございました。

(基調講演を聞いて)今よりもずっと女子学生が性別に固定された役割以外の事を求めて生きていくことに理解が無かったであろう時代に学生であり、そして今母や妻としての役割を果たしつつ仕事も充実させている方のお話を聞くことができてよかったです。

(基調講演を聞いて)私の中にあった「心理学は難解だ」という固定概念が180度変わった講演会でした。本当にわかりやすくて、東大に入った際には心理学の授業も受けてみたいと思うようになりました。ありがとうございました。

(基調講演を聞いて)女子だからあれが得意で男子だからあれが得意といった偏見はやめて自分に合ったことを見つけそれを極めていこうと思いました。

(教養教育の説明を聞いて)国際社会で活躍するためには、専門的な研究だけでなく、広い分野の教養が不可欠であり、東大は教養課程を設けている数少ない大学のひとつであることに魅力を感じました。

(教養教育の説明を聞いて)東大独自の教養教育が社会からいかに必要とされているのかがよくわかりました。また教養教育を通して多様性に富んだ学生と交流できるのも魅力的で、東大で学びたいという気持ちが一層強くなりました。ありがとうございました。

(入試説明を聞いて)最難関の東京大学を目指す場合でも、高校の授業を疎かにせず、基礎をきちんと習得することが大切であることがわかりました。

(入試説明を聞いて)説明を聞いて、東大が他の大学に比べて特に教科が多いのは、受験によって新入生を決めるにあたって、総合的に判断するためなのかなと思いました。まだ高1ですが、受験を意識して生活していきたいと思いました。

(入試説明を聞いて)なぜ女子学生と地方出身者を強く募集なさっているのかがよくわかりました。私は奈良県から参加させていただいたので大変だったのですが、それ以上に得られたものが多かったので時間をかけて聞きにきてよかったです。ありがとうございました。

(パネルディスカッションを聞いて)実際の学生さんの声を聞くことで大学生活の現実的なイメージが掴めました。アルバイトやサークル活動についてのお話も聞けたことで東京大学に行きたいという思いが一層強くなり、勉強のやる気にもつながりました。

(パネルディスカッションを聞いて)どの方も東大での大学生活が楽しそうで、私もみなさんのようになりたいと思いました。キラキラした先輩方もそれぞれ受験を乗り越えていらっしゃるので、私も東大で学べるよう頑張りたいです!ありがとうございました。

(個別相談に参加して)主に人事の方、教授様と直接お話しすることが出来、感激しております。 東大に対する思いを伝えることが出来ました。 真摯に耳を傾け聞いて下さり、感謝の気持ちで一杯です。 推薦入試を勧めていただきましたが、もう少し早くにお会いできていれば考えが変わっていたかもしれません。

(個別相談に参加して)初めは緊張していたのですが、とても親身になって相談にのってくださり、普段の勉強から受験のこと、大学のことまでたくさん伺うことができ、嬉しかったです。学生さんの意志の高さと強さがかっこよく、私も皆さんのような大学生になれるよう、頑張りたいと思います。

▲ページトップへ