1. TOP
  2. 進学説明会の開催
  3. 2015年 女子高校生のための東京大学説明会

進学説明会の開催

女子高校生のための東京大学説明会2015

日時 平成27年9月12日(土) 11:00~16:00
会場 東京大学駒場キャンパス 講堂(900番教室)
事務局 大学情報センター

女子高校生のための東京大学説明会は、たくさんの方々にご参加いただき、好評のうちに終了致しました。遠方からもお越しいただき、個別相談ブースでは、受験生から東大生の普段の生活や受験勉強についての質問が多く投げかけられ、現役東大生と受験生の活気あるやり取りが見られました。また、受験生だけでなく、中学生、高校1、2年生、高校教諭、保護者の方も多数、ご参加いただきました。ありがとうございました。

  • 説明会風景
  • 説明会風景
  • 説明会風景
  • 説明会風景
  • 説明会風景
  • 説明会風景

◆大学説明会&個別相談

時間 講演会など
(講堂(900番教室))
個別相談会
(12号館)
10:00~11:00 "プレイベント"
在学生によるキャンパスツアー

(11:00~16:00)
教職員、在学学生(東大ガイダンス、UT-Life、オルガン同好会、biscUiT)等による進学相談会

(12:15~14:30)
教員・卒業生・
保護者の交流会

11:00~11:20 オルガン同好会による演奏会
11:20~11:30 "オープニング挨拶"
理事 戸渡 速志
11:30~12:15 "基調講演1"
「信じれば夢はかなう~総合職としてのサバイバル20年」
日本経済団体連合会 小川 尚子
"基調講演2"
「南極からグローバルな地球気候を探る」
理学系研究科 教授 佐藤 薫
12:15~13:30 休 憩
13:30~13:55 "教養教育"
学部1・2年次の教育について
総合文化研究科 教授 矢口 祐人
13:55~14:30 "入試説明"
東京大学入学試験と進学選択制度
本部入試課
14:30~15:15 "パネルディスカッション"
東大女子ライフって??
司会:工学系研究科 准教授 熊田 亜紀子
パネリスト:在学女子学生(4名)
15:15~15:20 エンディング挨拶
進学促進部会長 熊田 亜紀子

▲ページトップへ

◆要望・今後企画してほしい事、感想等

(キャンパスツアーについて)東大と聞いて最初は緊張しましたが、豊かな自然に恵まれたキャンパスで学生の方たちのお話を聞いてとても身近に感じられるような気がしました。女子のためのという説明会も私にはとても良かった点です。ここに来たいという気持ちがより高まりました。

(キャンパスツアーについて)学生の視点から大学について説明してくれて、面白かったです。建物内に入ってみたかったです。

(キャンパスツアーについて)今回は、学生さんもたくさん校内を歩いていたり、学食も営業していたり活気のある学校を見られて良かったです。

(キャンパスツアーについて)学生の皆さんがその建物をどのようなときに利用するのかがよくわかる説明で、自分も数年後そこにいたいと思いました。

(基調講演を聞いて)話が良く整理されていて、とてもよい講演でした。社会に出て20年経った時点というのは、後進に話をするのにとてもよいタイミングだと思いました。

(基調講演を聞いて)社会の中で、女性としてキャリアを持ち、かつ家庭を持って子育てをすることの大変さとやりがいが伝わってきました。また、自分自身も将来そのようになりたいという夢も持てました。

(基調講演を聞いて)母と同世代の女性が、キャリアを積み世界で活躍されている様子を伺い、様々な選択肢があることを学びました。

(基調講演を聞いて)まだ今後やりたいことも決まらない段階である娘ですが、そんな子のことも肯定し後押ししていただいているようで、ありがたかったです。

(基調講演を聞いて)「紆余曲折(想定外の事ばかり)」のお話にとても勇気がわいてきました。上手く進まなくても何事も学びである事だと考え、負けずに向かっていこうと思います。ありがとうございました。

(基調講演を聞いて)南極大陸にレーダーを設置するまでの過程で、重量や強度などの問題や周囲からの反対の声がありながらも、試行錯誤して設置にこぎつけるという、女性研究者としての活躍に憧れを感じました。また、「南極大陸の食べ方」というスライドがおもしろく、印象に残りました。

(教養教育の説明を聞いて)教養教育をすることの意義などをわかりやすく説明していただいたことで、東大の1、2年次における教育課程の大切さを知ることができました。大学の講義には若干わからないところや、不安な点も多かったのですが、今回それを解消できてよかったです。具体例を持ち出しての説明は非常に親近感も持つことができ、よかったです。

(教養教育の説明を聞いて)自分の快適空間を超えなくてはいけないという言葉を受け、大学では今までに挑戦したことがないことにも目を向けてみようと思いました。

(入試説明を聞いて)とても参考になりました。いずれ自分が向き合わねばならない入試の概要などを詳しく知ることができてよかったです。

(入試説明を聞いて)入試の方式や科目などについて詳しく知ることができたので、大学選びに活用したいと思います。

(入試説明を聞いて)入試に向けて、これから三年間の勉強プランを立てたいと思います。

(パネルディスカッションを聞いて)東大のパンフレットに学生の生活について載っていますが、やはり実際の声を聞いたことで、東大に親近感を持つことができました。

(パネルディスカッションを聞いて)実際の大学生の声を聞き、大学生活を具体的に思い描くことができる良い機会だった。

(パネルディスカッションを聞いて)東京大学での生活が生々しく伝わってきました。質問の内容がいかにも東大!ではなく、答えの方もバラエティに富み、プロトタイプとは無いのかも、と共感が湧きました。

(個別相談に参加して)全ての質問に、とても丁寧に答えてくださり、今後の参考になりました。勉強法など、直接聞くことができて、本当によかったです。受験する勇気が持てました。

(個別相談に参加して)入試について、また進路について、私の将来の夢を聞いてくださった上で丁寧に説明して頂きました。特に私が受けたいと思っている帰国子女枠の入試は試験の点数の基準がわかりにくく不安だったのですが、教職員の方に説明を頂き、すっきりしました。

(個別相談に参加して)学生の方の雰囲気やお話から、優秀な人たちに囲まれて勉強にできる東京大学のよさを感じ、受験したいという気持ちが強くなりました。また、科目選択についてや学習方法(どのような問題集やを使っていたか)などを具体的に教えていただきとても参考になりました。

▲ページトップへ